2011年10月03日

高級ワインとは



スポンサード リンク

一般に高級ワインというとまず浮かぶのが、フランスの5大シャトーです。

「シャトー・ラフィット」、「シャトー・ラトゥール」、
「シャトー・ムートン・ロートシルト」、「シャトー・マルゴー」、
「シャトー・オー・ブリオン」の5つです。
これらのシャトーで造られるワインは世界的に評価され、
非常に高値で取引されています。
その他にも「ペトリュス」、「ドン ペリニヨン」、「オパス・ワン」など、
挙げればきりがないほど高級ブランドワインはあります。


高級ワインだからと言って、それがそのまま非常に上質で
値段相応の美味しいワインであるわけではありません。
高級ワインであっても、品質は保存状態に大きく左右されます。
保存状態が劣悪であれば、高級ワインであっても通常ワインに劣ってしまいます。
また、オールドビンテージ(古いワイン)を購入する場合には、
通常のブテイユ(750ml)ではなくマグナム(1500ml)や
ジェロボアム(3000ml)等の大きいサイズのボトルの方が、
空気との接触が少なく、ゆっくりと熟成するのでお勧めです。


また、「ビンテージ」とは、名品・一級品を示す用語だそうです。
元はワインの原料である葡萄の収穫年を示す言葉であったのですが、
今では、ジーンズから古着やヴァイオリンや楽器などにまで
用いられるようになりました。
さらに今では、「ビンテージ」の使用範囲がどんどん広がって、
家具や日本酒などにも「ビンテージ」と呼ばれるようになりました。

特にビンテージとされる主なものにあ「ドンペリ」があります。
正式名称は、「ドン・ペリニヨン」で、
種類はスパークリングワインに当たります。

「ドン・ペリニヨン」は、モエ・エ・シャンドンという
ワイン会社によって生産された、シャンパンのことです。
実は、普通のシャンパンは、様々な年に収穫されたブドウを原料にしています。
一方ドンペリは、同じ年に収穫されたブドウのみが使われています。
しかも、当たり年にしかこの銘柄で販売しないため、
今一番新しいドンペリでも1998年のブドウから生産されたものしかない、
とってもビンテージなワインなのです。


posted by ティラーレ at 07:24 | Comment(0) | ワインを楽しむための基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コスメ ript>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。